美容室経営

Facebookの登録やアカウントの作り方!美容室の集客や求人につながるFacebookページ

Facebook(フェイスブック)は、世界中の人と繋がることができる便利なSNSです。SNSは便利なツールなので、美容室の集客や宣伝などにうまく活用したいものですよね。

そこで、今回はヘアサロンのPRに活用できるFacebookについて紹介します。

  1. Facebookの基本情報
  2. Facebookの個人用と企業用の違い
  3. Facebookページのメリット・デメリット
  4. Facebookアカウントを作成する方法

Facebookの基本情報

Facebookは、マーク・ザッカーバーグがハーバード大学在籍中に創設したソーシャル・ネットワーキング・サービスサイトです。映画「ソーシャル・ネットワーク」で、その半生や億万長者になる様子が描かれたので知っている人もいるのではないでしょうか。

Facebookは実名制なので、匿名制よりもコメント欄が荒らされないメリットがあり、友人同士、または友達の友達にまで投稿を広められる特徴を利用して、商品やサービスなどを広く知ってもらうことができます。

Facebookの利用やFacebookページの開設は無料です。

比較的簡単な操作で利用できるので、美容室のPR用にFacebookページの運用を検討してみてはいかかでしょうか。

Facebookの個人用と企業用の違い

Facebookは、個人ページの「個人アカウント」と企業ページの「Facebookページ」の2種類があり、次のような違いが見られます。

項目 個人アカウント Facebookページ
登録名 日常的に使用する名前 企業名・サービス名・個人名など
利用目的 友達や知人と交流や情報交換する 公式HPとしてサービスや商品などを発信する
関係性 個人vs個人 企業vs個人
友達申請 できる(5,000人まで) できない
書き込み ファンは個人ページに書き込み可能 ファンは個人ページに書き込み不可能
閲覧できる人 Facebookにログインしている人 Facebook登録していない全ての人が対象
インサイト※ 使えない 使える

※インサイトとは、アクセス数や「いいね!」数を調べる機能のことです。

Facebookページをビジネス用に活用したほうがいい理由の一つに、GoogleやYahooなどの検索エンジンに反映される点があります。

個人ページはFacebookにログインしているユーザーしか閲覧できませんが、FacebookページはFacebookに登録していない人でも誰もが見られるツールなので、より多くの人へ店舗PRやサービス内容などを発信することができます。

Facebookページのメリット・デメリット

美容室がFacebookページを活用するメリットとデメリットを整理すると次のようになります。

【Facebookページのメリット】

  • Facebookページを無料で開設できる
  • Facebookページの操作方法は比較的簡単である
  • 「いいね」や「フォロー」するだけなので気軽にファンになってもらえる
  • ファン(顧客)に告知できる
  • ファン(顧客)からコメントが届く
  • ファン(顧客)からの拡散が期待できる
  • 実名制なので荒れにくい

お客様との相互コミュニケーションにより、商品やサービスの質を高めるマーケティングとして利用することができます。

【Facebookページのデメリット】

  • Facebookページがあまり更新されないとファンが離れていく
  • Facebookページが長期間放置されると企業の品位を下げてしまう
  • 問い合わせ内容によっては早めの返信や対応が求められる
  • 集客効果が現れるためには時間がかかるので即効性は期待できない

良質な情報を定期的に投稿して、コメントへの対応の仕方などをページ情報に記載することをおすすめします。

Facebookページを開設することで、マーケティング、実店舗への集客、顧客サポート、スタッフ採用など高い収益性が期待できます。

Facebookアカウントを作成する方法

Facebookページを開設するためには、まずは個人のFacebookアカウントを作成する必要があります。

  1. 個人アカウントを作成する
  2. 個人アカウントから美容室のページを作成する

そこでまずはFacebookの個人アカウントを作成してみましょう。

個人アカウントを作成する

Facebookページを開設するには、管理者の個人アカウントが必要です。

Facebookページを開設したあとに、管理者を他の管理者へ変更可能ですし、さらに追加して複数人で運用することもできます。まずは個人アカウントを取得しましょう。

新規アカウントは、パソコンとスマホのどちらからでも作成できます。

公式HPの「アカウント登録-Facebook」にアクセスすると下記のようなパソコン画面が表示されるので、項目に沿って入力していきます。

スマホで登録する際にも、表示される画面に多少の違いは見られますが、記入内容は同じです。

  1. 姓・名
  2. モバイルの携帯番号またはメールアドレス
  3. パスワード
  4. 誕生日
  5. 性別

パスワードは、「ユーザー名なし」と「安全に生成されたパスワードを使用」の2つを提案してくれます。

2019年11月現在、性別は「女性」「男性」「カスタム」から選択する形式になっています。カスタムは、トランスジェンダーや男女の性別にはあてはまらない人などに対して考慮したものです。

必要情報を入力したら「アカウント登録」をクリックします。すると・・・

メールアドレスの認証を求められますので、先程設定したメールの受信トレイを確認しましょう。

受信したメールで認証コードを確認します。ちなみに私の場合ですが、Facebookから届いたメールは迷惑メールに振り分けられていました。

認証コードを入力して、「次へ」をクリックします。友達になる人のリストから友達の選択や削除すると無事に新規登録の完成となります。

ただし、このアカウントは個人のものなので、プライバシー設定には気を付ける必要があります。

次に紹介するFacebookページでは、多くの人に多くの情報を知ってもらえたほうが嬉しいのですが、個人ページでは不特定多数の人へ公開するとプライバシーが侵害されてしまう恐れがあるので、自分に合った範囲を設定することをおすすめします。

個人アカウントが作成できたら、次は店舗のページを作成してみましょう。Facebookページの作成方法については、「美容室のFacebookページを作ろう!」をご覧ください。

関連記事

  1. 美容室経営

    美容室経営にお困りのオーナー様!狭山・日高・入間・所沢の相談サポート

    髪質改善美容室『リッパーピッピ』の美容室経営相談ページをご覧頂きありが…

  2. 美容室経営

    美容室の魅力が伝わる写真の撮り方~素人が外観や室内を撮影するときの注意点~

    美容室をPRするためには、「写真」や「動画」は多くの情報を発信できる魅…

  3. 美容室経営

    美容室経営に必要な棚卸資産を算出する方法~毎月作成する棚卸表~

    棚卸資産は、「保管している在庫は正しい量なのか?」「今月はどのくらいの…

  4. 美容室経営

    美容室のFacebookページを作ろう!開設方法と基本設定

    Facebookページは無料で簡単に作れるので、多くのショップや企業な…

  5. 美容室経営

    美容室開業の夢を叶えるためにまず最初に考えること

    自分の美容室を開業したいと思ったときに、「まずは何をしたらいいのか?」…

  6. 美容室経営

    美容室の在庫管理で経営状態が見えてくる~確定申告に必要な棚卸資産を把握する~

    美容室経営では、在庫管理は重要な業務の一つになっています。なぜ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 美容室経営

    美容室経営に必要な棚卸資産を算出する方法~毎月作成する棚卸表~
  2. 美容室経営

    美容室開業の夢を叶えるためにまず最初に考えること
  3. 求人情報

    飯能・日高・入間の美容師 リッパーピッピのスタッフ採用情報
  4. 美容室経営

    美容室の在庫管理で経営状態が見えてくる~確定申告に必要な棚卸資産を把握する~
  5. 美容室経営

    美容室のFacebookページを作ろう!開設方法と基本設定
PAGE TOP